読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロプロ通信

team℃-ute(岡井千聖推し)がハロプロ関連の情報をまとめたブログ

愛理がやらかしちゃったけど楽しいイベントでした。(℃-ute「夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」発売記念イベント)の感想

1/21℃-ute大阪リリイベ

2017年1月21日に大阪のエル・シアターで行われた、℃-ute Cutie Circuit 2016~2017「夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」発売記念に行ってきた分のライブレポートです。

今回はラッキーな事に3公演とも当選し、比較的前めの場所から見る事が出来たんで、くじ運も含めて色々ラッキーだなって思いました!!

 

そして、以前このイベントに参戦する為の予習って作った自分の記事がなにげに役に立った…みたいな(笑)

【関連記事】℃-ute「夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」発売記念スペシャルイベントに行く為、予習をしてみた。

℃-ute「夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」発売記念イベント@エル・シアター(大阪)

なっきぃ(中島早貴)が冒頭で「お待たせしました」的な事を言ってたけど、本作は2016年11月2日に発売されたものであり、それから既に2か月半ほど経っているので、言われてみれば確かに今更な感じは否めませんが…岡井ちゃん(岡井千聖)曰く「いつもの事です」って事らしいので、そう思うことにします(笑)

℃-ute「夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」発売記念イベントのセットリスト

本作の発売イベントは今回の大阪が最後なんで、ネタバレもなにもなかろうという事で…とりあえずセットリストはコチラ!!

 ℃-ute「夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~」発売記念イベント@1/21エルシアター 第1部

1.夢幻クライマックス
②.人生はSTEP!

【MC.1】トーク

③.私は天才(中島早貴&萩原舞)

【MC.2】トーク

4.愛はまるで静電気
⑤.ベーグルにハム&チーズ
6.Kiss me 愛してる
7.Danceでバコーン!

【MC.3】告知&トーク

8.Singing~あの頃のように~

【MC.4】挨拶 

イベント自体は1時間程度で、丸囲みの曲が各公演によって異なります。

第2部

②.The Middle Management~女性中間管理職~
③.しょうがない 夢追い人/モーニング娘。(矢島舞美&鈴木愛理)
⑤.桃色スパークリング

第3部

②.誘惑の休日
③.ジリリキテル/Berryz工房(岡井千聖&萩原舞)
⑤.キャンパスライフ〜生まれて来てよかった〜

最新シングルのシリアルイベントなんで、セットリストの中に3曲入るのは当然として、全8曲の中で3曲がランダムでしかもちょっと懐かしめの曲がチョイスされており、イントロがかかった瞬間のどよめきにも似た盛り上がりが楽しいセットリスト。

4曲連続のところでは「キスミー」と「ダンバコ」という定番曲でしっかり盛り上がれるので、℃-uteらしさもしっかり味わう事ができました!!

中でも圧巻だったのはやじすずの「しょうがない 夢追い人」。
正直、モーニング娘。が歌っていた頃の原曲はあんまりよく知らないんですが…


モーニング娘。 『しょうがない 夢追い人』 (MV)

割と最近のモーニング娘。のコンサートのソロコーナーで歌っていて、DVDマガジンでその様子とかも見ているから…それと比べるとやっぱり℃-uteというか…やじすずはすごいなぁと改めて実感。

事前に練習してた…的な舞美ちゃんのエピソードを話していたけど、それってプロなら当たり前な気がするし、律儀で勤勉な舞美ちゃんらしいエピソードだなぁって思いました。

でも、その甲斐あって下手したらモーニング娘。のメンバーよりも自分のものにしてないかい?ってぐらい凄かった!!

それこそまーちゃん(佐藤優樹)なんかもソロコーナーでこの曲を歌っていたから、今回のパフォーマンスを見てどう感じたか…聞けるものなら聞いてみたいって思ってしまいました。

℃-uteの事件簿

これもライブの醍醐味というか、ステージ上では色んな事が起こるもので…今回は愛理が大きくやらかしてしまったんですが、それぞれの事件簿を振り返ってみたいと思います。

矢島舞美復活!!

新春コンサートの時に突然声が出なくなってしまった矢島舞美さんでしたが、今回はいつもの美声が戻ってました!!

声が出ない期間はゴリラのように物音を立てて合図していたとか…

そして、メンバー間のLINEに「今日はダンスと笑顔を頑張る」って送って「歌う気ないんかい」と思われたそうですが、当日全く声が出ないのを目の当たりにしてようやく事の重大さを理解する…みたいな。

ステージ上では筋肉質の引き締まった体を大きく動かす姿はとにかく優美…
まさに名前の通り「舞美」だな…と。

トークの時にはがりがりんちょとイジられてましたが、歌声が戻ってきてとにかく安心しました。

 

新春コンサートの感想はコチラ。

【関連記事】舞美ちゃんは歌えなかったけど、5人の歌声が届きました!℃-ute新春コンサート2017~℃OMPASS~(1/9NHK大阪ホール昼公演)の感想。

美尻クイーン中島早貴

どうやら撮影かなにかで℃-uteメンバー全員が一緒にお風呂に入ったそうですが…その中でも一番の美尻に認定されたのがなっきぃ!!

みかんをふたつに割ったような…というよくわからない例えで褒めてましたが、逆に岡井ちゃんは姿勢の悪さもあるんでしょうが、お尻がないと悩んでいて、で、そのお尻をひとしきり触っていたなっきぃ。

ひょっとしたら突っ込んでほしいのかなってぐらいずっとお尻を触っているのが、なんかかわいかったです。

てか、念入りに色んな所を洗う舞美ちゃんとか…℃-uteのお風呂トークは普段聞けない話がいっぱい聞けてなかなか良かったです(笑)

 

なんだかんだで女性らしい丸みとかわいらしさが素敵で、間近で見てなっきぃのビジュアルの確かさを改めて実感。
特にダンバコとかの振りは、思わずなっきぃを見てしまうぐらいカッコよくて、へなちょこ扱い…なんて歌詞もありますが、ステージ上のなっきぃはまさしく「水を得た魚」でした(笑)

鈴木愛理やらかす

今回のトークでやらかしてしまった愛理…

第1部の告知のトークコーナーで、1/26に撮影予定のラストシングルのMVについて、エキストラの参加人数を思わず喋ってしまうという痛恨のミステイク!!

狼狽する愛理、そして土下座…

ダンスの変な足の動きを披露して「言わないで」と懇願。
その結果は…次の岡井ちゃんの項にとっておくかな。

トークに関しては愛理が危ないって事で、お口にチャックならぬ舞美ちゃんの「玉止め」が炸裂!!
(意外とそれが気に入ったようで、その後もひきずってる舞美ちゃんがかわいかったな(笑))

さらに℃-uteのお風呂トークでも、なんも隠さずしかも裸で踊ってる…なんて話をして耳まで真っ赤っか!!
すかさず愛理の髪をかきあげて、赤くなった耳をチェックする舞美ちゃんも良かったです。
(本当に赤くなってました!!)

パフォーマンスに関してはさすがというか…夢幻クライマックスの出だしとかオーラが桁違いで、あのふにゃふにゃした変な動きの愛理からは想像もつかないぐらい!!
この辺が鈴木愛理というアイドルの凄みだと思います。

(トークの間に愛理が給水し、それを舞美ちゃんが受け取って給水して戻す…同じストローとか関係なく、それが当たり前なやじすずみてほっこりもしました。)

 

MV撮影の関連記事はコチラ。

【関連記事】1/26の謎の募集は℃-uteラストシングルのMVのエキストラ募集でした。

岡井千聖おかんむり

前段のトークのコーナーで愛理がやらかしてしまい、土下座までして言わないでって言ってたにもかかわらず、第1部と第2部の間にソッコーで漏らした人がいて、その事に一番怒っていた岡井ちゃん。

私もTwitter見て、どうやら漏らした人がいるらしいっていう情報は掴んでいたので、エゴサするって言ってたし…多分怒ってるだろうなぁって思ったら、案の定。

人一倍仲間意識が強く、メンバー想い…

そういうところに惹かれて岡井千聖推しをやっているので、「愛理が土下座してあんなに頼んでたのに…」とすごく残念そうでした。よっぽどコメント書いてやろうかって思ったって…さすがにそこまではしなかった(できなかった)みたいです。

まあ以前、ファンの方が岡井ちゃんの事を書いた記事を見て、思わず自身のブログでその感想を書いてたぐらいだから、そういうところも推せるんだよなぁ…

(普段、他人のブログを読むって事があまりないので、宣伝とかした事がないんですが、この記事は岡井千聖推しには絶対オススメ!!
本音言っちゃうと私には書けない文章だから羨ましいってのも正直あります。
でも、岡井ちゃんの事を知る上ですごくよく纏められているので、やっぱりオススメ(笑))

ある時からショートカットになり、それ以来ショートカットのイメージが強い岡井ちゃんですが、結構のびてきていて今回はまいまいに巻いてもらったとの事。

一時期外ハネが多かった岡井ちゃんですが、評判があまりよくないとかで外ハネするやる気がなくなったそうで…それで今回はまいまいが巻いたらしいんですが、普通にかわいかったですよ。

個人的に一番好きなのは小顔が一番引き立つポニーテールですが、本人が良かれと思ってやってる髪型にいちいちいちゃもんつける気なんてさらさらないですけどね…

あんまり余計な雑音は気にしないでほしいなって思いますけど…
(ま、このブログだって雑音ちゃ雑音かもしれませんが。。)

萩原舞、夢を語る

…つっても、将来のビジョン的なヤツではなく、寝る時に見る夢の話。

チョコパイとかをひたすら食べてた?的な話や、潜水している最中に眠くなって、寝て…気付いたら重りかなんかで身動き取れなくなってヤバかった話とか…なんか色々すごいんだけど、オチがない話(笑)

突如「どう?」みたいな感じで終了。

夢の話は℃-uteメンバー以外にはウケが悪いらしく、家族に話しても「オチは?」と言われる始末。解散後はLINEで夢の報告をする…とかちょっと寂しい話も。

 

今回の会場が大阪だったんで、ナルチカの告知で滋賀に行きますって言ったけど、第1部でのリアクションはイマイチ…
でも、それに不満そうだったのを察知してか、第2部・第3部ではみんなでめっちゃ盛り上がったので、なんだか上機嫌のまいまいでした。

「いくら食べても痩せない体になりたい」って言ってたので、ナルチカの終わり頃にはどんな体形になっているのか…ある意味とても楽しみです(笑)
(勿論、言い間違いなんで本気にはしませんけど…)

 

ちなみにこの会場はかなり昔に来た事があるらしく、しかも本番前にちさまいですっごく怒られて…それこそ出なくていいぐらいの勢いだったから、2人して辞めようかって思ったのがこの会場だったとか…

子供の頃の…ある意味苦い思い出の場所に戻ってきたって事で、ちょっぴり感慨深かったようで…それで、ちさまいの曲もそういうセンチな曲は却下となったようです。

まとめ

今回のイベントは入場の時にチケットがランダムに配布されて、それで座席が決まる方式。しかも、並んだ順とか関係なくランダムに渡されるので、3公演の中で一番最後に会場入りした分が一番良席だったりで、席順に関してはラッキーな引きだったと言えます。

ただ、間近で見れると色んな事が見えるんで、ステージ上でのメンバー間のアイコンタクトはいいんだけど、結構マイクオフの状態で話してたりとか、遠い席からはなかなか見えづらいところまでバッチリ見えちゃう…

ステージに立つと一挙手一投足全て見られるので、今回に関してはちょっとそういうのが多かったかなって気も…

というか、今回に関しては観覧マナーもイマイチだなぁって感じる事がいくつかあって、それも要因のひとつだったのではないかって気もしました。

「プロだから常に100%を」っていうのは見る側の言い分だし、それはそれで正しいと思いますが、コンサートや舞台はまさに「ライブ」であり、演者も人間だから、観覧者のテンションやマナーによって上がったり下がったりするのは絶対あると思います。

「ライブ」って演者の力だけで成立するものではなく、見る側がいかに楽しい空気を作り上げるか…その相乗効果によって100%のものが110%…120%になり、時として200%になる事だってあるわけだから、いいライブを観る為にはいいお客さんでなければならないと思うんです。

自分だけが楽しければそれでいい…それはそうかもしれませんが、ライブってみんなで作り上げるからこそ楽しいのであって、ひとりの自己満足がみんなの満足度を下げる事だってあるって事をもう一度考えた上でライブに臨んでほしいなと思いました。

 

最後の最後でなんか暑苦しい感想になってすみません。。

自分、岡井千聖推しなんで…

 

※トップの画像の引用元はコチラの記事です。

夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~(初回生産限定盤A)(DVD付)

夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~(初回生産限定盤A)(DVD付)

 
タイトル未定(初回生産限定盤SP)(DVD付)

タイトル未定(初回生産限定盤SP)(DVD付)

 
Copyright © 2016 ハロプロ通信 All rights reserved.