ハロプロ通信

team℃-ute(岡井千聖推し)がハロプロ関連の情報をまとめたブログ

スポンサーリンク

ひふみんとモーニング娘。’17のすんごいコラボ実現!「2017 FNS歌謡祭 第2夜」の感想

ひふみん×モーニング娘。’17

2017年12月13日に放送された「2017 FNS歌謡祭 第2夜」では、前半に現役のモーニング娘。’17が出演し、後半にはモーニング娘。の1期メンバーが再結集という、とんでもなく豪華な二本立てでした。

今回は前半のモーニング娘。’17出演分の感想なんですが…

こちらは工藤遥さん卒業直後の13人による「ジェラシー ジェラシー」披露と、ひふみんこと加藤一二三さんとのコラボという、これだけでもみどころたっぷりなラインナップになっています。

というか、事前にひふみんとのコラボをやるってアナウンスされた際には、「それだけの為に?」っていう感じが否めなかったんですが、ちゃんと最近の持ち歌まで歌わせてくれていて、先日の某国民的なグループとのコラボと比べれば、かなり嬉しい誤算だなぁと思いました!!

【関連記事】

モーニング娘。の1期メンバーが約18年ぶりに「愛の種」を披露しました。
もやしっ子が強くなって旅立った日。「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋〜We are MORNING MUSUME。〜工藤遥卒業スペシャル」の感想
AKB紅白にモーニング娘。’17がサプライズ登場!!

13人のモーニング娘。’17始動

モーニング娘。’17

ついこの間まで…というか、森戸知沙希さんが加入してから12月11日までの間、モーニング娘。’17といえば、この14人でした。

ビジュアルとかも含めて、「モーニング娘。’17後期型」はある意味「最強」だったんじゃないかと思えるぐらい、充実していた気がします。

それこそ道重リーダーの完成形が’14なら、譜久村リーダーの完成形って’17なのでは?っていうぐらいに…

(それが証拠に秋ツアー「We are MORNING MUSUME。」も相当充実していましたから…)

 

そんな中、2017年12月11日に工藤遥さんが惜しまれながら卒業し…再び13人体制になったモーニング娘。’17。

今は「’18に向けての準備期間」みたいな感じでもありますが、そんな中で迎えた今回の「2017 FNS歌謡祭 第2夜」への出演。来年の体制を見据えた上での歌唱披露となりました!!

ジェラシー ジェラシー

加賀・森戸・横山

今回披露した曲は「ジェラシー ジェラシー」だったんですが、なにげにこの手の長時間の音楽番組で披露する機会が多いなぁって感じで、TBS音楽の日や、日テレ系音楽の祭典でも歌っているので、比較がしやすかったかなぁって感じも…

それにしてもかえでぃの気合い入りまくりの表情…

(サッカー日本代表もこのぐらい気合い入れてやってくれりゃいいのに…と余計な事を言ってみたりして。)

森戸知沙希

出だし…

残念ながら音がとれておらず、原曲よりも低めの歌い出しに。

次のパートできっちりリカバリーは出来ているんですが、らしからぬというか…あれれ?って思っちゃいました。

で、後で他の番組とか見返してみたら、歌い出しって本来は工藤遥さんも入っていて、彼女の低音ボイスがいかマッチしていたかを再認識。

ここって3人ぐらいで歌っているという認識ですが、キーが低い事もあってふくちゃんでもカバーしきれなかったかぁって感じ。

ここは今後の課題…になってきそうですね。

 

加賀楓

横山玲奈

13期。1年で随分と逞しくなりましたね。

今では「新メンバー」ではなく、モーニング娘。の立派な戦力って感じです!!

 

小田さくら

今日も抜群の安定感で引き締めてくれた小田さくらさん。

正直、出だしがイマイチで、いつもよりも声が出てないなぁって感じるメンバーもいる中で、きっちりと流れを戻してくれる存在。

鞘師里保さんが卒業してふくさくが歌唱パートのメインを担うようになったけど、「聴かせる」っていう点で、「上手いなぁ」と納得させられるだけの歌唱力の持ち主って実はそんなにたくさんはいなくて…

(あとはJuice=Juiceの高木紗友希さんぐらいかなぁ。)

なんだかんだで今のモーニング娘。の楽曲の「聴かせどころ」って小田さくらさんが担ってたりするから、13人の中で一番「君の代わりは居やしない」メンバーなんじゃないかと。

(まーちゃんの場合は、まだ「上手い」というよりも「凄い」の方が強いから、パフォーマンスの凄みはトップクラスだけど、歌唱力勝負になると…って感じ。)

 

結局、何が言いたかったのかというと、なんとなくふわっと始まってしまったところを、小田さくらさんがぐいっと引き戻してくれたって事です!!

石田亜佑美

そしてラップ!!

ここからは石田亜佑美さんの独壇場。メンバーの卒業の度にパフォーマンスを上げてくる感じで、鞘師里保さんが卒業した後で鬼気迫る迫力を見せたのもあゆみん。

いしどぅーの相棒が卒業したから…とか絶対言わせねーよっていう気迫を感じるパフォーマンスでした。

【関連記事】あゆみんのダンスが沁みた・・・「Hello! Project 2016 WINTER ~DANCING!SINGING!EXCITING!~ 福岡公演」の感想 - りさっちのグラビアインプレッション

佐藤優樹&野中美希

さらにここのラップパートでくどぅーのパートを引き継いだのは…

…なんとまーちゃん!!!!

思わぬまーどぅーリレーにびっくりでしたが、まさかの高音でのラップという今までにない試みにもびっくり。いきなりここだけポーンと甲高い声が入ってくるから、慣れないとちょっと驚きますが、それを耳障りととるか、いいアクセントととるかは…多分これからの習熟次第って感じ。

どぅーのパートをまーが引き継ぐっていうのも、この時期だけに期するものもあるでしょうし、その他の曲でも歌割りをどう引き継いでいくのかっていうのも今後の’18のみどころとなってくるんでしょうね。

石田亜佑美

髪をばさっとなびかせながらのあゆみん…

超カッコよかったです!!

 

f:id:risacchi:20171217172309j:plain

佐藤優樹

最後はまーちゃん。

まさに一撃必殺って感じで「凄み」を感じさせてくれるあたりが佐藤優樹さんの真骨頂。この辺が滲み出るエースの風格って感じですかねぇ…

 

というわけで、「ジェラシー ジェラシー」に関しては、歌は小田さくらさん、ラップは石田亜佑美さん、パフォーマンスは佐藤優樹さんって感じでした。

曲の構成的にもセンターに13期がいて、ダンス、歌、ラップにそれぞれみどころがあり、13人の得手不得手を上手く活かした配置になっているので、本当に出だし以外は本当に良かったなぁと思います。

まあハロプロの場合はライブで磨きまくって熟成されていくので、これから13人体制として’18が指導していくわけですが、これならまあ大丈夫だろうって感じでした。

工藤遥さんのオタ…オレンジの軍団がどこに流れるかはわかりませんが、工藤遥さんがいたモーニング娘。をこれからも見守っててほしいなぁって思いますね。

ひふみんアイ

加藤一二三×モーニング娘。’17

そしてもう一つの目玉がコチラ…

将棋界のレジェンド、ひふみんこと加藤一二三 九段とのコラボです。

「1分将棋の神様」・「神武以来(じんむこのかた)の天才」という異名を持ち、戦前生まれの名人経験者では最後の存命者。2017年6月20日に現役を引退し、その後は「アウト×デラックス」などで脚光を浴び、タレント活動を開始。

番組絡みで古坂大魔王から楽曲提供を受け、誕生したのが「ひふみんアイ」。

(ちなみに「ひふみんアイ」とは、対局中に相手の背後に立って盤面を眺める癖からきており、ニコニコ動画で盤面を半回転させて表示させる機能をそのように名付けたのが語源のよう。)

そんなひふみんが、今回はモーニング娘。’17とのコラボで、初めての生歌披露となりました!!

ひふみんの出演条件

ひふみんの出演条件

そして、今回出演するにあたってひふみんサイドから提示された条件がこちらの2点。

①失敗しても一回はやり直ししたい
②出だしのキューはわかりやすくしてほしい

生放送でやり直しっていうのもかなりリスキーな条件提示だとは思いますが、まあご高齢という事もありますし、歌に関しては全くの素人さんなので、その辺はまあご愛敬って事で…

 

それにしてもこの時のよこやんの笑顔は最高ですなぁ!!

そして緊張の歌唱披露

ひふみん×モーニング娘。’17

そして緊張の面持ちの中始まった「ひふみんアイ」!!

 

ひふみん×まーちゃん

歌詞の後の「愛!」って掛け合いをモーニング娘。’17が担当。

最初の担当がまーちゃんという事もあって、ひょっこり顔を出したまーちゃんが超かわいい!!

 

ひふみん×モーニング娘。’17

全員「ハイッ」

加藤一二三

・・・

ひふみん「・・・」

 

古坂大魔王

すみません、ごめんなさい…

間髪入れず止めに入る古坂大魔王。ひふみんが全く歌う気配がなかったんで、1回目はここでストップ!!

 

加藤一二三

思わず頭を抱えるひふみん…

「ひふみんアイ」ならぬ「ひふみんあちゃぁ~」って感じでしょうか(笑)

 

まさかの仕切り直し

モーニング娘。’17

というわけで、本当にTAKE2に突入(笑)

条件にあった通り「1回はやり直ししたい」というのが本当に発動しちゃいました!!

 

ひふみん×まーちゃん

ケガの功名というか…おかげさまでまーちゃん2回目の「愛!」。

ほとんどのコなら無難に同じ言い方をするんでしょうが、あえて1回目と変えてくるあたりがさすがというか…こういうところがまーちゃんの強みなんですよね。

生放送だろうが関係ない。

(まあ、いつもライブでやってる事だから慣れているのかもしれませんが…)

 

加藤一二三

今度は成功!!!!

 

ひふみん×ぽんぽん

合いの手というかコーラス担当ですが、なんだか楽しそうなぽんぽん。

(手にしたパネルの文字色がなにげにメンバーカラーっていうのが、手が込んでるなぁって感じ。)

 

よこやん・あかねちん・ちぃちゃん

こっちのコーラス隊もかわいらしいですね!!

 

ひふみん×あかねちん

こちらはひふみんとあかねちん…

もはやおじいちゃんとお孫さんって感じですが…

 

…それにしてもあかねちん仕上がってるなぁ!!

 

ひふみん×モーニング娘。’17

ひふみん×モーニング娘。’17

ひふみん×モーニング娘。’17

そしてお得意のフォーメーション。

まあこの辺はモーニング娘。’17ならではというか、ちゃんと今のモーニング娘。の特色を活かしたコラボにしてくれているんだなぁと実感。

 

ひふみん×モーニング娘。’17

ひふみん×モーニング娘。’17

ひふみん×モーニング娘。’17

ひふみん×モーニング娘。’17

ひふみん×モーニング娘。’17

と、ここまでずーっとかわいい(笑)

牧野真莉愛

牧野真莉愛

牧野真莉愛

お待たせしました!!

ここという勝負所は絶対に逃さない「まりあんLOVEりんです!!」

 

さすが牧野真莉愛さん…パーフェクトに決めてきました!!

 

ひふみん×モーニング娘。’17

そして、最後の「愛!」が炸裂し…

 

ひふみん×モーニング娘。’17

奇跡のコラボこれにて終了…

ひふみん×モーニング娘。’17

ひふみんの締めの台詞…

「あ、あの…モーニング…モーニング娘。さん、ありがとう!!」

 

最後の最後に加藤一二三 九段の粋なアドリブ!!!!

どうやらカンペでは違うセリフが出ていたそうですが、最後に自分の言葉で感謝の言葉を述べる…なんちゅうカッコいい事をするおじいちゃんだろうとびっくり!!

ひふみん×モーニング娘。’17

ひふみん×モーニング娘。’17

最後の最後に予想外のアドリブが飛び出し、モーニング娘。’17のメンバーも思わず笑顔…

なんかほっこりとした締めくくりとなりました。

 

アフターケアは大事!!

ひふみん×はるなん

ひふみん×はるなん

歌い終わって、スタンドマイクからマイクが外せずにまごまごするひふみん。

それを見てすっとマイクを外し、渡してあげるはるなん…

 

この辺は年長者の気遣いというか、はるなんの優しさですなぁ。

モーニング娘。’17

何故か同じようなポーズに見える前列のちぃちゃんとよこやん。

 

飯窪春菜

今回のコラボは伝説になったと語るはるなん。

こういう場面でしっかりと喋れるのが飯窪春菜さんの強み。さすがはサブリーダー!!

もはや外務大臣って感じですね(笑)

 

モーニング娘。’17

というわけで、現役のモーニング娘。’17の出番はこれにて終了。

最初はとんでもないイロモノコラボって思ってしまっていましたが、結果的にメンバーの良さが出ていて、笑顔いっぱいの幸せなコラボになったと思います。

思うんですが、コラボってやっぱりお互いへのリスペクトがないとダメですね。先日のSexy Zoneさんとのコラボもそうでしたが、お互いのリスペクトがあって初めて相乗効果が生まれるってもんで…それこそがコラボをやる意義ってもの。

なんかモーニング娘。の親和性というか、Sexy Zoneさんから加藤一二三さんまで、幅広くコラボできるんだなと改めて実感できました。

 

そして、13人でのモーニング娘。’17の船出。結果的には笑顔で終われたからこれで「良し」って事でいいんじゃないかと思います。

(なんか観覧客の中に黄緑の「生田」Tシャツ着てる方がいて、意外と推しTの反響というか、それに食いついた人もいるみたいですね。まあ裏MVPって事で。)

 

なお、1期メンバーによる「愛の種」についてはこちらの記事をご参照ください。

Copyright © 2016 ハロプロ通信 All rights reserved.