ハロプロ通信

team℃-ute岡井千聖推しのハロプロ備忘録

スポンサーリンク

【ライブDVD】アンジュルム コンサートツアー2017春~変わるもの 変わらないもの~の感想

(仮)アンジュルム コンサートツアー2017春~変わるもの 変わらないもの~ [Blu-ray]

2017年8月23日に発売された本作は、2017年の春ツアー「アンジュルム コンサートツアー2017春~変わるもの 変わらないもの~」の千秋楽となる日本武道館コンサート(2017年5月15日)を映像化したもの。

オープニング映像で交互に登場するAとSの文字…

スマイレージからアンジュルムへの改名、そしてメンバーの加入と卒業を経て、その中で「変わるもの」そして「変わらないもの」を具現化したコンサート。

セットリストにもスマイレージ時代のもの、アンジュルムのものが次々続々登場し、まさにI 無双 Strong!と言わんばかりの構成となっています!!

 

そして、今、改めてこのライブの感想を書こうと思ったのが、昨年末の相川茉穂さんの卒業を受け再度この作品を見直した時に、このライブの意味合いが全然変わってきて、違う景色・違う解釈が生まれてきたので…その辺も含めて書いていきたいと思います。

変わるもの 変わらないもの

アンジュルムの良さってなんだろうなぁって思った時に浮かんだ言葉が「疾走感」。

全力で駆け抜けていくイメージがあるんですが、時にさわやかに吹き抜ける時もあれば、ダダダダダッと力強く突き進む時もある…

ビュッと吹き抜ける一陣の風…というイメージ。

最初の「I 無双 Strong!」なんかは、グローバルな広がりを感じさせるイントロに、力強い歌声とキレのいいダンスで威風堂々の佇まい。

 

一方で、スマイレージは「有頂天LOVE」のようなアイドルソングから、「○○ がんばらなくてもええねんで! ! 」みたいに適度に脱力感のあるナンバーまで、幅広いジャンルの曲を歌っているグループ。

 

同じグループだけど、コンセプトからして全然違うので、スマイレージとアンジュルムの両方を知る1期と2期メンバーが、アンジュルムしか知らない3期以降のメンバーに、改めてスマイレージのイズムを注入したという話も聞くぐらい。

今回のテーマとなった「変わるもの 変わらないもの」というのは、ある意味、原点回帰であり、歴史の継承と言えるんじゃないかと思います。

 

かっさー躍動

最初に本作を見て一番感じたのが、2016年7月に新加入した笠原桃奈さんの躍動する姿。

まだまだ粗削りなところもありますが、力強いダンスが印象的で、笑顔を見ていたらとにかく楽しそう。

「魔女っ子メグちゃん」の最後の「シャランラ!」のところとかは、やりきったって感じの充足感溢れる表情がたまりません。

そして、かっさーにとっては初めての日本武道館という事もあり、他のメンバーがお客さんの入りが…とコメントする中、最後のMCではひとり素直に目の前の景色に感動し、興奮し、そして、最後は感謝の気持ちが溢れて感無量に…

なんかそういう素直な感性がとっても素敵だなぁと思ったし、この時に感じた事。気持ちを忘れずに、これからも頑張ってほしい…そう思える瞬間でした。

8人だけど…気持ちは9人で

本来ならば相川茉穂さんを含めてまわるはずだったこのツアー…

残念ながら、活動休止によって8人でまわることとなったわけですが、「乙女の逆襲」であいあいが踊るシーンなんかは、レーザーが緑に変わり観客からはリズムに合わせて「あいあい」コール。

休んでいるあいあいへのメッセージですが、こういう粋な演出も素敵だなぁとしみじみ…

 

そして、あいあいの卒業後に観て心にズドンと突き刺さったのが「ナミダイロノケツイ」。

歌割りが、同期の佐々木莉佳子さんと室田瑞希さん。そして、4期としてひとりで加入してきたけど、同期と思って接していいよと言われていた上國料萌衣さんの3人。

あいあいと一番近かったメンバーが、泣かずにこの曲をしっかりと歌い上げて、「この場所で待っているから」とメッセージを贈る…

 

今となってはその願いは叶わないけど…

あいあいが居た場所は私たちがこれからも守っていくから…そう思いながら観ていたら、自然と涙が…

 

MCで佐々木莉佳子さんが、顔をくちゃくちゃにしながら「泣いて…ないし」と精一杯強がっている姿も、今まであいあいに支えられていた分、今度は泣かずに自分が頑張るんだって心に決めて臨んでいた事を知ると、本当に健気だなぁと思うし。

室田瑞希さんも泣くつもりなんてなかったのに、溢れてくる涙に「なんで?」と戸惑っていたのも…どこかであいあいに対する思いがあったからでしょう。

 

相川茉穂さんの卒業。そして、あいあいへの想いを知ってから改めて見ると…

あの時の「涙の理由」というのが見えてきて、また違う景色が広がってきます。その上での「ナミダイロノケツイ」であったり、さらにラストナンバーの「友よ」はすごくいい流れだなぁと感じます。

【関連記事】アンジュルムの相川茉穂さんが卒業。

 

そして、アンコール1曲目の「私の心」…

これは福田花音さんが卒業コンサートで歌った楽曲。この曲を全員で歌う事によってまろの想いも受け継いでいく…という意味があったのかもしれませんし、そう考えると、アンコールからの流れは本当に最高だなぁと思います。

総評

初見での印象と、改めて見直した時で大きく印象が変わってしまった感はありますが…

和田彩花さんが「自信しかない」と自負するように、パフォーマンスに関しては折り紙付き。田村芽実さんが卒業した分を上國料萌衣さんがきっちりと埋め、室田瑞希さんが補強する感じで、心はまさに九位一体!!

ダンスもバキバキに踊るから見ていてとても小気味いい。

個人的には竹内朱莉さんの歌声っていうのがすごく好きで、「忘れてあげる」とか…あの辺のソロパートがなんかいいんですよ。タケちゃん独特の優しい歌声がいいアクセントになって、アンジュルムの奥深さが増す…そんな気さえしてきます。

 

最初に「疾走感」書きましたが、アンジュルムにはハロプロに嵐を巻き起こすような、そんな力強い存在になってほしいなと思います。 

収録曲一覧

OPENING
1.I 無双 Strong!
2.愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間
3.愛さえあればなんにもいらない
4.涙は蝶に変わる
5.ぁまのじゃく
6.○○ がんばらなくてもええねんで! !
7.魔女っ子メグちゃん
8.ショートカット
9.MC
10.恋ならとっくに始まってる
11.糸島Distance
12.乙女の逆襲
13.忘れてあげる
14.VTR
15.ミステリーナイト!
16.さよなら さよなら さよなら
17.嗚呼 すすきの
18.同じ時給で働く友達の美人ママ
19.有頂天LOVE
20.MC
21.大器晩成
22.次々続々
23.ドンデンガエシ
24.出すぎた杭は打たれない

ENCORE

25.私の心
26.MC
27.ナミダイロノケツイ
28.友よ
ENDING

(仮)アンジュルム コンサートツアー2017春~変わるもの 変わらないもの~ [Blu-ray]

(仮)アンジュルム コンサートツアー2017春~変わるもの 変わらないもの~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: UP-FRONT WORKS(Hachama)(PC)(D)
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: Blu-ray