ハロプロ通信

team℃-ute(岡井千聖推し)がハロープロジェクト関連のコンサートやグッズ情報を発信するブログ

ハロプロ通信

スポンサーリンク

十色に輝く綺羅星!「アンジュルム コンサートツアー 2018春 十人十色 +@福岡国際会議場」の感想

この記事をシェアする

アンジュルム

2018年4月14日に福岡国際会議場で行われた「アンジュルム コンサートツアー 2018春 十人十色 +@福岡国際会議場」の感想です。

 

今回の福岡公演はアンジュルムの単独のホールコンサートとしては初めてという事で、隣県の熊本県出身の上國料萌衣さんも張り切っていたし、やっぱり「次に繋げる為」とTwitterでもPR活動をしていて、とにかく絶対に成功させるという意気込みが伝わる熱いコンサートでした。

個人的にはハロプロで「福岡国際会議場」と言えば、ずっと℃-uteが使っていた印象が強いので、後輩グループが引き継いでくれたという喜びと、ほんのちょっとだけロス感と…まあ色々思い出深い会場でもあります。

 

アンジュルム春ツアーのグッズ情報はコチラ。

【関連記事】アンジュルム コンサートツアー 2018春 十人十色 +のグッズが公開されました!

 

アンジュルム コンサートツアー 2018春 十人十色 +@福岡国際会議場

こちらも新曲から始まるセットリストですが、「泣けないぜ…共感詐欺」がいかにもアンジュルムらしい勢いのある楽曲。

最初にガツンとかましておいて、ダンスパフォーマンスを含む全16曲の怒涛のメドレー。選曲が色んなシーンとリンクして色々思い出させる構成。

(「自転車チリリン」は田村芽実さんが、「私の心」は福田花音さんが卒業コンサートで歌っていたなぁ…とか。)

途中のVTRなんかも今回のセトリから外れた「魔女っ子メグちゃん」にのせて、テーブルとカップを使ったノーカットのパフォーマンス。

小気味よいリズムにノリノリになったところで、定番のキラーチューンで畳みかける超楽しいセットリスト。

最後だけしっとり聴かせる感じではありますが…なんか怒涛の後半戦とか、そういえば℃-uteもそんな感じだったなぁと感じるものがあり、ライブの楽しさをしっかり味わえるコンサートでした!!

 

そして衣装に関してですが…

竹内朱莉さんが自身初のポニーテール姿を披露という事で、それだけでも十分新鮮だったんですが、なんと昼公演と夜公演で前半の衣装が違うんです!!!!

特にりなぷーがヤバかった!!

雑感

ここからは思った事を書いていきたいと思います。

勝田里奈さんがヤバい!!

勝田里奈

こちらはどらきんぐを頬張るりなぷーの図。

 

勝田里奈さんにとって「福岡=どらきんぐ」となっているようで、昼公演でも夜公演でもMCの時に、自分が買えなくなったら困るので、オタクは福岡空港で買わないようにと注意…

以前、自分がMCで紹介した事で興味を持ったオタクに買われてしまい、いざ自分が買おうとした時には売り切れという憂き目に逢い、それを相当根に持っているようで、昨年の秋ツアーの時にも話していたぐらいなんですが…

まさか半年以上経った今でも言うぐらいだから、もはやネタなんじゃないかって気がしないでもないですが、「食べ物の恨みは恐ろしい」って事で…

とりあえず食べれてよかったですね(笑)

【関連記事】祝!かみこ100公演!アンジュルム ライブツアー 2017秋「Black & White」@福岡の感想

 

どらきんぐネタが強すぎて他を忘れちゃいそうなんですが…りなぷーの夜公演の衣装はなんとへそ出し!!

確か、1年前ぐらいからコンサートの衣装関連にも携わっているって言ってましたが…という事はこれってりなぷー自らチョイスしたって事なんでしょうか???

体にぴったりな白と黒のストライプ柄のパンツ姿も、すらりとしていてめちゃめちゃきれいな上に…ですよ!!

ちゃんと歌えるし、ダンスも魅せ方を踏まえた優美さみたいなものがあるし、なんだかんだで総合的な戦闘力が実はめちゃめちゃ高いじゃないかと…

 

りなぷーってオタクに厳しかったり、オシャレすぎて一般人の斜め上を行ってたり、省エネって言われたり…そういうイメージがある分、かなり損している印象があるんですが…そうじゃないんだって気付けたのは大きな収穫でした。

ただ、これはりなぷーがきれいだからこそ気になるんだけど、へそ出しの衣装ってじっくり見ていいのか…正直、目のやり場に困ります。。

衣装はセルフプロデュースなのに「どこ見てんのよ!」っていうキャラじゃないですか(笑)

とりあえず、りなぷーこそフォトブック出してほしいなって思います。

かみこジャンプ

かみこより大器晩成でジャンプするところで、写真のようにジャンプしてほしいとのオーダーが!!

写真のようなジャンプを「かみこジャンプ」といい、サンライズジャンプとの違いは…「無表情」ってところかな。すごくこのかみこジャンプを推していたので、次に行かれる方は是非実践してみてください!!

(ちなみにTwitter見てるかどうかチェック入るかもです!!)

十人十色

和田彩花さんが自身の卒業について語る事はありませんでしたが、パフォーマンスはさすがのひと言。あやちょのいないアンジュルムとか想像もつきませんが…この1年間の間に誰が成長して、誰が牽引する存在になるのか楽しみでもあります。

中西香菜さんは、目線に気付いたらレスしてくれるようで、「君だけじゃないさ」のところでロックオンされたんじゃないかと思ってドキッとしました。

竹内朱莉さんは相変わらずダンスはキレキレだし、声もかわいらしいし、いつも通りのパフォーマンスでした。客席とのコール&レスポンスでちびっこにふってたのが面白かったなぁ。

佐々木莉佳子さんは歌もダンスもめちゃめちゃ成長していて、アンジュルムの柱に相応しい風格が出てきたなぁっていう感じ。

室田瑞希さんはセクシーなところはめちゃめちゃセクシーで、やっぱりひなフェスの「桜ナイトフィーバー」で阿波踊り的なダンスをやっていた時とは全然違いますね(笑)

笠原桃奈さんってすくすく成長している感じで、どんどん上手くなってますね。年相応のかわいらしさと、不相応な大人っぽさが同居していてすごく魅力的!!

船木結さんはダンスのキレがハンパなくって、ちっちゃい体をフルに使ったパフォーマンスは圧巻。普段あんまりアイコンタクトしないそうですが、そんなふなっきと目が合ったらドキッとしますね!!

川村文乃さんは喋り方も歌い方も幼い感じで、まだまだ伸びしろがありそうですが…かわむー独特のかわいらしさみたいなのがありますね。

感想

今回がアンジュルムにとって初めての福岡での単独ホールコンサート。

残念ながら満席とはなりませんでしたが、「ほぼ満席だった」とかみこは満足気。汗でロングヘアがバサバサになっていたのも、それだけ地元九州でのコンサートにかける思いがあったからだと思います!!

セットリストになじみの曲が多かった事もありますが、コンサート向けのノリやすい曲がものすごく多くて、コンサートを楽しむ…コンサートの醍醐味みたいなものをすごく感じたコンサートでした。

挨拶も3人指名とかではなく、10人全員が挨拶してくれる…こっちの方がやっぱり好きです!!

 

アンジュルムのメンバーって総じてスキルが高いから、歌割りが誰かにめちゃめちゃ偏っているってわけでもないし、そういう意味では誰を推していても同じぐらい満足できるんじゃないかって気がします。

機会があればもう一度行ってみたい…

そう思わせてくれるとっても楽しいコンサートでした。

アンジュルム コンサートツアー 2018春 十人十色 +@福岡国際会議場 セットリスト

VTR

01.泣けないぜ…共感詐欺(新曲)

MC1

02.メドレー
汗かいてカルナバル
~ええか!?(中西、BD:竹内・室田・笠原・川村)
~新しい私になれ!(上國料、BD:勝田・佐々木)
~カクゴして!
~「良い奴」(和田、BD:佐々木)
~自転車チリリン(船木、BD:上國料)
~ダンスパフォーマンス(和田・竹内・室田・佐々木・船木)
~エイティーン エモーション(川村、BD:笠原・中西)
~新・日本のすすめ!(室田、BD:和田・竹内・船木)
~私の心(中西・勝田・上國料・笠原・川村)
~好きよ、純情反抗期。(勝田、BD:和田・竹内・室田・上國料・笠原・船木・川村)
~初恋の貴方へ(佐々木、BD:中西・勝田)
~上手く言えない
~大人の途中(竹内、BD:和田・中西・勝田・室田・佐々木)
~ブギートレイン'11(笠原、BD:上國料・船木・川村)
~臥薪嘗胆

03.ドンデンガエシ
04.大器晩成

VTR

05.マナーモード
06.涙は蝶に変わる
07.愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間
08.出過ぎた杭は打たれない

MC2

09.次々続々
10.乙女の逆襲
11.キソクタダシクウツクシク
12.愛さえあればなんにもいらない

アンコール

13.Uraha=Lover(新曲)

MC3

14.君だけじゃないさ...friends(2018アコースティックVer.)(新曲)