ハロプロ通信

team℃-ute岡井千聖推しのハロプロ備忘録

スポンサーリンク

そして、VS(対決)は続く…「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 最終回(#51) きっと、また逢える」の感想

ルパパト

この記事は2019年2月10日に放送された快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 最終回(第51話)「きっと、また逢える」の感想です。

 

前回、世界の平和を圭一郎たちパトレンジャーに託し、ドグラニオの金庫内の異世界で宿敵ザミーゴと戦う事を選んだ魁利たちルパンレンジャー。

戦いの末、遂にザミーゴ打倒を果たして大量失踪事件の被害者を取り戻したルパンレンジャーでしたが、その代償として元の世界に戻れなくなってしまいます。

ドグラニオ自らの意志で金庫を開かない限り…

そして遂に警察戦隊パトレンジャーと、ギャングラーのボス ドグラニオ・ヤーブンとの最終決戦が始まるのです!!

【前回のあらすじ】今さら置いていくな。「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #50 永遠にアデュー」の感想

ルパパト 最終回「きっと、また逢える」のあらすじ

ドグラニオ

ザミーゴが敗れた事を知ったドグラニオでしたが、勝った快盗は金庫の中。

パトレンジャーを前にして「この窮地どうやって乗りきる?」と悠然と迫ってきます。

 

それに対してパトレン1号、圭一郎の答えはシンプル。

圭一郎

パトレンジャー

お前を止めると向かっていきます。

 

最終回 開幕

高尾ノエル

明神つかさ

早見初美花

陽川咲也

宵町透真

朝加圭一郎

夜野魁利

ルパパト

ルパパト

初回と最終回でよくあるOPソングなしの演出ですが…

まるで映画のワンシーンのように次々と映し出されるレギュラー陣の姿。この特別な演出が「今日が最終回」という気分を嫌でも盛り上げてくれます。

心から終わってほしくないのですが…

囚われのルパンレンジャー

ルパンレンジャー

ドグラニオの金庫内に幽閉されたルパンレンジャーたち。

ここから抜け出す方法がないか辺りを撃って確かめますが…そんな都合のよい脱出口などあるはずもなく…

さすがの国際警察だってドグラニオの金庫を開け、みんなを助けた上で倒すなんて余裕があるとは到底思えないし、だったら自分たち快盗の命を救うよりもドグラニオを倒す事を優先するだろうと諦めムード。

ルパンレンジャー

ルパンレンジャー

ルパンレンジャー

自分達は宿願でもあった大事な人を取り戻したんだから、それで満足と…ある意味覚悟を決めた模様。

とはいえ、そこかしこに浮遊するルパンコレクションでなんとか願いを叶える事はできないかと模索…

ルパンレンジャー

f:id:risacchi:20190210214724j:plain

ルパンレンジャー

ルパンレンジャー

ルパンレンジャー

そして、何かを思いついた魁利!!!!

 

国際警察絶体絶命!!

パトレンジャー

苛烈を極めるドグラニオとの最終決戦。

ルパンコレクションの力でパトレンジャー達は変身解除。ノエルにとっては平和を守ることも大事な人を取り戻す事も宿願。ひとりでドグラニオに向かっていきますが…その鎖を断ち切る事ができず変身解除状態に…

ノエル

そして、目の前に広がる一帯を焦土と化したドグラニオ。

暴れるならもっと大都市でと踵を返しますが…ここから先へは行かせないと立ち塞がる圭一郎たち!!

圭一郎

圭一郎

咲也

つかさ

しかし、精神力で打ち克つ事が出来るほどこのドグラニオは甘くないと、ルパンコレクションの力でパトレンジャーを拘束。炎の刃で貫かんとしますが…

パトレンジャー

ドグラニオ

パトレンジャー

パトレンジャー

パトレンジャーに向かったその刃は刺さることなく消失。

拘束も解かれ自由の身に…


ドグラニオからルパンコレクションの力が喪失している事に気付いたノエル。魁利たちの仕業だと気付くのです。

今なら戦えると再び警察チェンジして戦う圭一郎たち!!

マスクオフ状態で素顔での名乗り!!

圭一郎

咲也

f:id:risacchi:20190210215234j:plain

ノエル

 

還ってきたルパンコレクション

グッティとコグレ

その頃、魁利たちがドグラニオの金庫に入ってしまった事を知り、ルパンコレクションの力で救出すべく、コレクション保管庫のコグレのもとへと向かったグッティ。

いきなりの再会に狼狽するふたり(正確にはひとりと一機)でしたが、気付けば保管庫に続々と転送されるルパンコレクション!!

グッティとコグレ

ルパンレンジャー

なんと魁利たちはルパンコレクションの台帳を使って、ドグラニオの金庫内に浮遊するルパンコレクションを片っ端から集めて保管庫に転送し、あるべき場所へと戻していったのです!!

ルパンコレクション

ルパンレンジャー

コグレ

そして、遂にはVSチェンジャーやVSビーグルも返還し、ドグラニオの金庫内のルパンコレクションは全てコグレの元へ。

透真

初美花

ルパンレンジャー

ドグラニオの能力の源を絶った魁利たちは、勝負の行方を圭一郎たちに託すのでした。

 

「国際警察の権限において実力を行使する」

パトレンジャー

魁利たちがくれた千載一遇のチャンスに再び闘志を燃やす圭一郎たち!!

コレクションの力などなくとも人間になど負けるはずがないと息巻いていたドグラニオでしたが、ビクトリーストライカーを使ったスーパーパトレンエックスの攻撃、そして、ルパンレンジャーから託されたダイヤルファイターの力を駆使して攻勢を強めます。

パトレンジャー

パトレンジャー

加齢からくる衰えは確実にドグラニオを蝕んでおり、知らず知らずのうちにルパンコレクションの力に依存していたのです。

 

そこへ飛来したグッドストライカー。その背にはサイレンストライカーを背負っていました。

スーパーパトレンエックス

スーパーパトレン1号

重武装のサイレンストライカーならドグラニオの鎖を破れるかもしれない。

圭一郎はスーパーパトレン1号へと変身!!

 

一方…

ルパンレンジャー

初美花

透真

魁利

やるべき事をやり終え…いよいよ覚悟を決めるルパンレンジャー。

そして圭一郎は渾身の力を込めて砲撃。ドグラニオの光弾と真っ向勝負を挑みます。

スーパーパトレン1号

が、痩せても枯れてもドグラニオ・ヤーブン。

ドグラニオ

その力で光弾を押し戻さんとしますが…劣勢に立った圭一郎を支えたのはつかさと咲也。

パトレンジャー

パトレンジャー

そう、国際警察はいつも三位一体。仲間の力を得て気合いが入った圭一郎は一気に光弾を押し戻してドグラニオに炸裂させるのです!!

 

背中を支える存在…

ドグラニオ

ドグラニオ

サイレンストライカーの力をもってしてもドグラニオの鎖は破れずじまい。

しかし、力を使い果たしたドグラニオは膝をつき身動きが取れない状態。

それでも金庫を開けることは頑なに拒否!!

ドグラニオ

ヒル・トップ管理官

そこで決断を下したヒル・トップ管理官。

全ての責任は私が取る…と、ドグラニオを倒せと指令を下します。

 

しかし、ドグラニオの金庫の中には魁利たちがおり、ドグラニオを倒すという事は…そのまま中にいる魁利たちの命も失われるという事に。

対峙するパトレンジャーとドグラニオ…

魁利

膠着状態の中、圭一郎の脳裏に浮かんだのは魁利の言葉。

 

警察官として成すべきことを成すべくドグラニオに向かって一歩一歩歩を進めます。そこに浮かんでくる魁利、透真、初美花との思い出の数々。

魁利と圭一郎

透真

つかさと初美花

そんな思い出をひとつひとつ噛みしめるように進む圭一郎。

圭一郎と魁利

圭一郎

魁利

ついにドグラニオに銃口を向けますが…引き金を引くことが出来ません。

圭一郎

…が、そんな圭一郎の背中を支える存在が…魁利。

圭一郎と魁利

圭一郎と魁利

圭一郎と魁利

それに気付いた圭一郎は咆哮。

そして轟く銃声…

 

1年後の世界

1年後

1年後

(パトレンジャー活躍のニュースを見るおばさん女性たち。実はシリーズ歴代のヒロインたちだったりして!!!!)

ドグラニオ・ヤーブンが斃れ、平穏が戻った世界…

たまに現れるギャングラー残党と戦い続けるパトレンジャー達…

 

実はドグラニオはまだ生きており、特別拘禁室で拘束された状態だったのです。

ドグラニオ

ドグラニオ

そこへ鳴り響く通報!!

ギャングラー残党の出現に報を受け、圭一郎たちは現場へと向かいます。

カーゼミー

そこに現れたギャングラー怪人カーゼミーはルパンコレクションを保有しており、その能力を駆使して戦いを挑んできます。

 

3人の快盗

「そう、ギャングラーが持ってる最後のコレクション」

どこからともなく響く聞き覚えのある声。

圭一郎

ルパパト

ルパンレンジャー

ルパンレンジャー

パトレンジャー

魁利

その声に驚く圭一郎たちの視線の先には…魁利、透真、初美花の姿が!!

 

魁利たちは、宝物庫から逆転送されて金庫の中の世界へ現れたジャックポットストライカーの精神操作の能力により、ドグラニオを操って金庫を開け…見事脱出に成功したというわけ。

ルパンレンジャー

3人の元へ突如出現したジャックポットストライカー!!

ルパンレンジャー

ルパンレンジャー

能力発動によりドグラニオの金庫は遂に開かれ…魁利たちは元の世界へ!!


そして、行方不明になっていたジャックポットストライカーを宝物庫へと連れて行ったのは…新たなる3人の快盗!!

ルパンレンジャー

ルパンレンジャー

その正体は…

新たな快盗

新たな快盗

新たな快盗

魁利の兄、勝利。透真の婚約者、彩。初美花の親友、詩穂!!

 

これまで「大事な人を取り戻す」と戦ってきた魁利たちが、今度は取り戻した大事な人によって助けられて復活を果たしたのです。

やっと大事な人と再会できた魁利、透真、初美花。

初美花

初美花

初美花

透真

透真

透真

透真

魁利

魁利

魁利

魁利

コグレはルパンコレクションを全て集めるべく、そしてノエルは魁利たちを救うべく、勝利たちを勧誘し快盗に育て上げていたのでした。

ノエル&コグレ

そして、大事な人(魁利)を取り戻したことで勝利たちはお役御免となったのです。

 

そして戦いは続く…

パトレンジャー

と、ここである事に気付いた圭一郎。

大事な人を取り戻したはずなのに、何故快盗を続けているのか…という疑問。

 

何故ならルパンコレクションを全て集めきっていないから。

そして、国際警察もルパンコレクションを保有しているから。

ルパンレッド

ルパンブルー

ルパンイエロー

素顔での名乗り…からの快盗チェンジ!!

そう言われると、たとえルパンコレクション持ちのギャングラー怪人がこれが最後だとしても、まだまだ戦力部隊はパトレンジャーとして戦い続けなければならないので、自らの装備を渡すわけにはいかない…

「おのれ快盗!!」

まるで初回に戻ったかのように三つ巴の戦いが始まります。

 

戦いの最中に奪還したルパンコレクション…

ルパンレッド

それはルパパトのOPテーマ曲で奪い合っていたもの!!!!

 

やがて銃口を向け合いながら対峙する快盗と警察…

ルパパト

「あんたのお宝、頂くぜ!!」

ルパパト

ルパパト

ルパパト

魁利の言葉とともに「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」はフィナーレを迎えるのです!!

 

ルパパト

 

ルパパト 最終回「きっと、また逢える」の感想

すごく面白かったし、最後の最後まで驚きの展開でした。

そして泣きました…

 

ドグラニオを倒すべく泣きながら歩を進める圭一郎の姿。

そして次々と浮かんでくる思い出たち…

その思い出たちは、そのまま葛藤となって圭一郎にのしかかってきますが、最後の最後で背中を支えたのは魁利。

背中を押すのではなく、背中を支える存在になっていた。

だからこそ圭一郎は引き金をひけたんだと思います。

 

そして魁利たちを救った存在…

映画版ルパパトでもキーアイテムとなったジャックポットストライカーが、思わぬ形で再登場して奥の手となった。

そして魁利たちを救ったのが勝利たちというのがなんとも…

元々、勝利たちを取り戻す為に快盗になる道を選び、ついにその目的を果たしたわけですが…まさか助けられた側の人間が、今度は助ける側になっていたという展開には本当に驚かされました。

「大事な人を取り戻す」と命をはって戦ってきた魁利たちでしたが、その人たちからしたら魁利たちが同じく「大事な人」だった…というのが最高じゃないですか。

お互いに大事な人を取り戻した上で再会っていうのが感動でした。

 

そして…快盗と警察との関係性の着地点について。

結局、快盗と警察の両者には互いに譲れない目的と正義があって、決して相容れることはない。

だからこそこれからも戦いは続く…という結末に。

魁利たちは確かに目的は果たしたけれど、ノエルやコグレの目的は果たせていなくて、結局アルセーヌがどんなひとかもわからずじまいだし…

物語としてのルパパトは一旦ここで終わるけど、しっかりと余白を残してくれていて、ルパパトの世界はこの先もずっと続いていくんだなぁという終わり方。

すごくよかったなぁと思います。

ちなみに魁利たちが快盗として世間を騒がせてきた罪に対する罰…という考え方に関しては、この方の見解がすごく面白かったので引用させていただきます。

それもあっての「1年後」だったんだなぁ…と。

シリーズ全体の総評

今日で最終回となってしまったルパパトでしたが、何が良かったって…やっぱりキャスト陣が魅力的だった。これに尽きると思います。

 

特に、ストーリーの序盤はルパンレンジャーがかっこよく盗んでいくのに対し、国際警察はどこか泥臭い。そんな中で朝加圭一郎が暑苦しいおまわりさんを好演し、さらに明神つかさがパートナーとして脇を支えることで、個人商店の快盗に対して一枚岩の国際警察という対立軸が明確になった。

これによって両戦隊の立ち位置が明確となり、物語は一気に加速していきます!!

 

そして、適度にあったまってきたところで追加戦士登場!!

この高尾ノエルがおふらんす帰りの軽薄な男かと思いきや…実は異世界の住人の末裔という裏設定があって、「何か秘密を抱えている」という雰囲気を適度に醸し出しながら、快盗とも警察とも絆を深めていく…

毎年恒例の追加戦士ですが、たまに本当にとんでもない大根が加わることがあったりもするから、起爆剤か鎮火剤かは紙一重だったりもするんですよね。

そういう意味では元木聖也さんは脅威の身体能力も含めて適役だったと思うし、物語をさらに面白く複雑にしていってくれたと思います。

 

あとは快盗と警察の関係性について…

今までのスーパー戦隊シリーズの流れからいうと、どこかのタイミングで快盗と警察は対ギャングラーのもとに共闘して最後までいくもんだと思ってました。

だから、両戦隊の切り札とも言えるグッドクルカイザーVSXなんかも、後半になれば毎週のように出てくるもんだと思ってた…

だからこそ、終わってみれば片手で数えるぐらいしか出てこなかった事に本当にびっくりしています。

そういう意味ではジャックポットストライカーも今回のような使われ方ではなく、ロボ戦の切り札として登場し、ルパンレックスとパトカイザーの2大ロボの共演もあるもんだと思っていたので…

最後の最後まで「対決」という軸がぶれなかったのが本当に凄いと思います。

 

というわけで、ここまで1年間見続けてきたルパパトでしたが、シリーズ通してずっと面白かったこと自体稀有な話だし、キャスト陣全員を好きだなって思えたのも稀有な話。

飽きっぽい私がこんな手間のかかる感想文?を1年間続けてこれたのも、ひとえにルパパトが魅力的だったから。

ニチアサをここまで熱く盛り上げ、楽しませてくれて本当にありがとうございましたと言いたいし、ルパパトにかかわった全ての方にお疲れさまでしたと言いたいです。

チームルパパト

 

明日からきっとルパパトロスがやってきます。

でも、世界のどこかで「あんたのお宝、頂くぜ!」って決める魁利と、「おのれ快盗」と叫ぶ圭一郎が戦っているはず。

だから…きっと、また逢える。

そう信じて生きていこうと思います。

 

「永遠にアデュー」…なんて言わせませんから!!

 

そしてバトンは騎士竜戦隊リュウソウジャーへ

新番組予告

新番組予告

新番組予告

新番組予告

そしてスーパー戦隊シリーズのバトンは次の騎士竜戦隊リュウソウジャーへ…

 

例年ならハイタッチとか、握手とか、それぞれの戦隊の個性を活かしたレッド同士の引継ぎの儀式。

今回はラストシーンに突然割って入って「レッド同士仲良くしようぜ!」と言わんばかりに無理やり仲裁を買って出た格好。

まあこれはこれで個性的…なのかな(笑)

 

こうして快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーは終幕。

きっとスーパー戦隊シリーズの中でも稀代の名作として語り継がれる、ある意味伝説的な作品となる事でしょう。