ハロプロ通信

team℃-ute岡井千聖推しのハロプロ備忘録

スポンサーリンク

Hello! Project 20th Anniversary!! モーニング娘。'19 ディナーショー「Happy Night」のグッズが公開されました。

Hello! Project 20th Anniversary!! モーニング娘。'19 ディナーショー「Happy Night」グッズ

2019年2月17日にグランドプリンスホテル新高輪 飛天で行われるHello! Project 20th Anniversary!! モーニング娘。'19 ディナーショー「Happy Night」のグッズを紹介していきます!!

 

ハロプロでグランドプリンスホテル新高輪 飛天の間を使うのは℃-uteの12年目の℃-uteの日イベントと、解散コンサート前日のディナーショー以来だと思うんですが…

「ディナーショー」だとドレスコードもあるし、サイリウムなんかも使わないから、いつものコンサートとは趣が全然違うし、℃-uteの時はバンドが入っての生演奏だったから、生バンドならではの迫力というのも醍醐味のひとつ。

(その分、歌唱力などの真価が問われる舞台であるとも言えますけど…)

 

多分、メンバーもドレス姿で登場するだろうし、お家芸とも言えるフォーメーションダンスもいつものようには使えないから、「ディナーショー」という舞台でいかに魅力を発揮できるのか楽しみでもあり…若干不安でもあります。

まあ新たなチャレンジとしては面白いと思いますけどね。

グッズ紹介

今回のグッズに関しては、L判生写真12枚セットとA4サイズ生写真とピンポス(全28種)&コレ写(全26種)以外はソロのグッズが充実しているなぁと言う印象。

ソロA5ワイドサイズ生写真2枚セットが2種類と、ソロ2L判生写真4枚セットと、恐らく今回の目玉商品と言えそうなソロアクリルキーホルダー!!

 

今回のグッズに関してはディナーショーならではの衣装っていうのが一番のポイントっていう気がします。

Hello! Project 20th Anniversary!! モーニング娘。'19 ディナーショー「Happy Night」グッズ

あと、注意事項を見る限り色々と制約も多いようで…

グッズ販売に関しては、それぞれの公演時間のチケットを持っていないと購入できない仕組みになっており、例えば2公演目のチケットを持っていたとしても、1公演目のグッズ販売の時間帯には購入できないという点。

多分、グッズ販売している建物の中にすら入れないと思います。

 

それともう一つが、チケット1枚につき1会計しかできないという点!!

これはグッズ購入時にチケットの裏側にスタンプが押されるようで、一度購入してしまったら、再び並びなおして買う…という事が出来ないので注意が必要です!!

(そういや℃-uteのディナーショーの時にはそういった制約がなかったから、チケット持っている人が同伴して中に入って、チケット持ってない人でも普通に購入できてたんですよね…)

 

なお、グッズ購入に関する注意事項については、事前にこちらのホームページで確認しておいてください!!

(当ブログで記載している内容と、オフィシャルホームページでのアナウンス内容に仮に相違があったとしても、当方は一切責任を持ちません。あしからずご了承ください。)

これを見る限りだと、チケットを持っていない人向けの当日販売もあるようですが、1時間限定のようですね。

過去グッズ

Hello! Project 20th Anniversary!! モーニング娘。'19 ディナーショー「Happy Night」グッズ

Hello! Project 20th Anniversary!! モーニング娘。'19 ディナーショー「Happy Night」グッズ

これも℃-uteのディナーショーの時に行っていましたが、グッズ売り場とは別に既存商品売り場が設けられており、そこで過去のツアーグッズも販売される模様。

 

上手いなと思うのが既存商品売り場で2000円購入する毎に非売品のコレクション生写真が貰えるという点。

しかも当たりに関してはメンバーの直筆サイン入りというとんでもない企画になっていますので、在庫処分に恐ろしい餌を付けたなぁって感じがしないでもないですが…

あの時買おうと思ったけど買えなかったんだよなぁ…って方にとっては、またとない機会とも言えますので、興味のある方はご検討くださいって感じなんでしょうね。

 

なお素朴な疑問ですが、コレクションガチャガチャは2000円毎っていうのにカウントされるんでしょうか???

ディナーショーについて

グランドプリンスホテル新高輪には品川駅から歩いて行った記憶がありますが、会場まで割と上り坂なんで、結構歩いたなぁっていう記憶があります。

途中にホテル?みたいなのがあって、最初そこかな?って思ったんですが、飛天の間のある建物はさらに上なんで、そこからさらに坂道を上ってようやく辿り着いたって感じ(笑)

ディナーショー向けに正装しているから、余計に歩きづらいっていうのはあるかも…

要するに会場までのアクセスは結構大変って事です。

 

建物に入ると…確か階段を降りたところのエントランス部分に衣装展示がしてあったと記憶しています。

そして、グッズ販売に関しては…ざっくり言うと左側がディナーショーのグッズ売り場で、右側が既存商品売り場だった気がします。

 

あとは…印象的だったのが入場列。

番号ごとに並ぶんですが、とにかく雑然としていてわかりにくかった覚えがあります。

 

ドレスコードに関しては…

男性は大体の人がスーツ。メンバーカラーにこだわりたい方はインナーのシャツやネクタイをその色にコーディネートしていました。

気合いの入った方はメンバーカラーのスーツでしたけど。

そして、女性は大体の人がドレス。

華やかな感じで、いつものコンサートとは全然違っていて新鮮だと思います。

 

ディナーショーに関しては、まず食事が出てからショーという流れ。

円卓でオタクが顔つき合わせて食事するという感じになるので、仲間同士での参加なら全然問題ないと思いますが、ぼっち参戦の場合は自分が話す、或いは誰かが話してくれる…みたいなのがないと、ただひたすら目の前の料理を食べるって事になっちゃいます。

ナイフフォークで食べるってなると敷居が高く感じるかもしれませんが、そこはあんまり気にせずに出てきた料理を「美味しいね」って食べた方がいい気がします。

℃-uteの時はデザートぐらいのタイミングで一度登場してくれましたが、今回はどうでしょう?

 

ショーは座っての観戦だし、サイリウムもないから、手拍子とか軽い振りコピとかがメインとなると思います。

いつものコンサートはかなり勝手が違うはずなんで、多分メンバーでさえも戸惑うような場面があるかと思います。なんで、その辺は「大人のたしなみ」の範囲内で上手いこと盛り上げてほしいなって思います。

 

というわけで、℃-uteのディナーショーに参加した時の思い出を少し書いてみました。

私は参加する事ができないので、皆さんのレポートを楽しみにしたいと思います。

参加される方は是非楽しんできてくださいね。