ハロプロ通信

team℃-ute岡井千聖推しのハロプロ備忘録

スポンサーリンク

アンジュルム勝田里奈さんの卒業発表に思うこと。

勝田里奈

アンジュルムの勝田里奈さんが、2019年9月25日にパシフィコ横浜で行うコンサートを最後に卒業する事が公式HPにて発表されました。

※写真は佐々木莉佳子さんのブログ「勝田さんへ 佐々木莉佳子」より。

 

アンジュルムと言えば、つい先日初代リーダーの和田彩花さんが卒業したばかりであり、これからアンジュルム第二章の始まりだったはずなのに、そこから僅か3か月で今度はりなぷーが卒業…

新リーダー就任で不安がる竹内朱莉さんに対して「大丈夫だよ」って言ってたのに、どうしてって最初は思ってしまったんですが…そこに至るまでの経緯を知るとりなぷーなりの気遣いもすごく感じたし、やるだけの事をしっかりやった上での卒業だと思うので、今は自分の夢に向かって歩き出さんとしているりなぷーを応援したいという心境でいます。

 

それにしても勝田里奈さんの事を知れば知るほど「りなぷーのなんにもわかっちゃない」と思う事ばかり。だからこそ、今思っている事を書いてみたいと思います。

 

【アンジュルム 勝田里奈の卒業に関するお知らせ】ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

 

アンジュルムの裏番長

正直、最初は勝田里奈さんに対してあまりいいイメージを持っていませんでした。

それこそ「作られた勝手な概念」だったのかもしれませんが、パフォーマンスを「省エネ」と称されたり、握手会では「塩対応」と言われたり、オタクには容赦なく注意もする…それこそ「アンジュルムの裏番長」というイメージがぴったりだなとさえ思っていました。

 

でも、アンジュルムのパフォーマンスを見ていたら気付くんです。

「思っていたのと何か違うぞ」って。

いつも涼し気な顔でさらっとやってるからわかりにくいけど、歌もダンスもしっかりとしたスキルを持っているし、いつの間にかそれが上達している…

絶対に表には出さないけど、裏ではちゃんと努力してるんだと思います。

割とズバッと言っちゃうタイプだから誤解されやすいところも多いだろうし、MC等で後輩たちのノリに安易に乗っからないのも、客観視できるりなぷーなりの状況判断なのかもしれません。

 

いずれにせよ「自分自身をより良く見せようとする」事にあまり労力を割かない人だから、誤解される事も多い損な人だなぁって思わないでもないけど…誤解を恐れず、嫌われる事を厭わず、ただひたすら我が道を突き進むカッコよさこそが勝田里奈さんの魅力な気がします。

アンジュルムのオシャレ番長

そして、勝田里奈さんを語る上で外せないのがファッション。

「アンジュルムのオシャレ番長」として、メンバーの中で唯一ファッションコーディネートアプリ「WEAR」を使い、日々精力的に発信してきたのもりなぷー。

そして遂にはライブツアーの衣装をも担当するようになり、りなぷーにとってのオシャレはもはや趣味の領域にとどまらず、「仕事」の一つとなりアンジュルムのキービジュアルを担うメンバーになりました。

 

そして一番驚いたのが…

勝田里奈

この春に文化学園大学 短期大学部 ファッション学科を卒業していたという事!!

※詳細は勝田里奈さんのブログ「卒業式 勝田里奈」を参照。

アンジュルムとして活動する傍ら、短大生として学問にも励んでいて…2年間で無事卒業したというのをすごくさらっと報告。

すごくあっさりした事後報告でしたが、短大ともなれば4年制大学と比べると履修科目が凝縮されているので余計にしんどかったはず!!。

だけど、それをおくびにも出さずにごく当たり前の事のようにやってのけたりなぷーって本当に凄いと思います!!

 

世の中「努力してます」アピールする人の方が多い中で、ここまで不言実行に徹する事が出来るってめちゃめちゃカッコいいなって思いました。

 

で、まさかの母校のPR動画に生徒として出演しているりなぷー。

好きな事を好きなままで終わらせるのではなく「仕事」として捉え、そこへ向かう上でのプロセスをきっちり踏んできてるのが凄いですよね。

しかも、アンジュルムの活動に影響することなく…ですから。

「そんな事ないよ」という言葉

そんなアンジュルムは、和田彩花さんの卒業に伴い新体制に移行するわけですが…

タケちゃんが新リーダーに就任する事になり「不安ですよね」とファンに問いかけた場面で、真っ先に「そんな事ないよ」と否定したのがりなぷー。

(それに対して「うるせー」と呼応するわけですが…)

 かわむーのサブリーダー就任に対しても「今まで通りでいいんだよ」と声をかけていて…なんか安心するんですよね。りなぷーの太鼓判って。

 

多分、メンバーの中で一番客観視出来ていて、しかも見えないところで努力しているりなぷーだからこそ、「りなぷーがそう言うならきっと大丈夫」みたいな安心感がありました。

自分が見てもそう思うぐらいだから、きっと傍でりなぷーの頑張りを見てきたメンバーからしたら余計にそう思ったんじゃないかな。

「次の夢」へ…

そんな勝田里奈さんの卒業発表…

報告によれば、実は1年前から卒業についての話し合いがもたれていて、卒業の時期まで決まっていたとの事なんですが、先輩でもある和田彩花さんの卒業を最優先して、自身の卒業発表をここまで遅らせたとの事。

 

これまた勝田里奈さんの飄々とした感じに騙されたというか…結果的にあの日本武道館コンサートがりなぷーにとっても最後の武道館。後からその時の映像を見ても、りなぷーはいつも通り隣でにっこり笑っていて、何一つ悟らせなかったのは本当に凄いなって思うんです。

タケちゃんが「次、日本武道館に立つ時には、今とは少し形が変わっているかもしれないけど…」って言っていたのは、りなぷーの卒業を踏まえてのものだったのかなって後からわかったぐらいで…

【関連記事】【ライブレポート】アンジュルムという名の愛の形『アンジュルム コンサートツアー 2019春 ファイナル 和田彩花卒業スペシャル 輪廻転生 ~あるとき生まれた愛の提唱~』の感想

りなぷーの卒業発表に思う事

正直、突然すぎるし…何より卒業までの期間が短い!!

そして、これも本当に情けない話なんだけど、りなぷーの事を誤解していた期間の方が長かったので、もっと早く気付いていれば…という後悔の念がすごく大きいです。

だからこそ約3か月という残された期間がものすごく短く感じるし、あと数回しか会えないと思うとすごく寂しく感じます。

 

でも、りなぷーがアンジュルムとしての活動と学業をきっちり両立し、夢に向かう為の準備をし…わだちょの為にとそのスタートを遅らせてでも、きっちりと筋道を通した上での卒業なので、これ以上は何も言えないというか…次の夢に向かうりなぷーの背中を押してあげることこそが、最大の応援になるんだろうなって思いました。

短い期間ではありますが、勝田里奈さんのアンジュルムとしてのラストスパートをしっかりと目に焼き付けたいと思います!!