ハロプロ通信

team℃-ute岡井千聖推しのハロプロ備忘録

スポンサーリンク

自分を解放できる場所。「こぶしファクトリー ライブツアー 2019秋 〜Punching the air!〜@鹿児島&熊本」の感想

野村みな美

この記事は、2019年11月2日に鹿児島県の鹿児島CAPARVO HALLで、そして翌11月3日に熊本県の熊本B.9V1で行われた「こぶしファクトリー ライブツアー 2019秋 〜Punching the air!〜」に参戦してきた感想です。

元々9月のみで日程が組まれていたこぶしファクトリーの秋ツアーでしたが、先週の福岡とあわせて追加公演として九州で計3日間6公演が追加されたので、これ幸いとばかりに全公演行っちゃいました。

 

結果的に12月16日(渋谷)が追加になりましたが、1回目の追加公演発表時点では熊本がツアーファイナル(千秋楽)となっていた為、多くのこぶし組を集めた熱いライブになりました。

【関連記事】結論、こぶしのライブは超楽しい!「こぶしファクトリー ライブツアー 2019秋 〜Punching the air!〜@福岡DRUM LOGOS」の感想

 

11月2日「こぶしファクトリー ライブツアー 2019秋 〜Punching the air!〜@鹿児島CAPARVO HALL」の感想

最初に備忘録として、会場となった鹿児島CAPARVO HALLについて。

鹿児島市の中心地とも言える天文館通エリア内、示現流兵法所史料館の近くという立地。ビルの8階にある為、エレベーターで5階まで上がり、そこからは階段で上がるようになっています。ステージが高いので後方からでも比較的見やすいと思います。

浜浦彩乃さん(以下はまちゃん)曰く、ここはステージが高いから正面からお客さんの顔を見る事がなくて恥ずかしくなかったとの事。あと、空気も吸いやすいんだとか(笑)

事件は影アナから…

広瀬彩海

ライブハウスでは開演前の注意事項をメンバーが読み上げるのが通例となっているんですが、夜公演を担当した広瀬彩海さん(以下あやぱん)。

序盤の早い段階で噛んでしまい、こぶし組のガヤが発動。

それに呼応したのか嫌気がさしたのかよくわかりませんが、めっちゃ早口で棒読みの大暴走モードへ突入。

ノリがいいのか、気難しいのかよくわかんないですけど、これって「ふざけすぎだ」って後からスタッフさんに怒られたりしないのかなぁと…聞いてるこっちがドキドキしちゃいました。 

まあ「遊び心」の範疇だと好意的に受け止めようとは思いますが…

 

ちなみに井上玲音さん(以下れいれい)は昼公演の影アナを初めて噛まずに言えたと喜んでいて、それはそれで記念の影アナに立ち会う事が出来ました(笑)

井上玲音

オシャレの司令塔?

和田桜子&浜浦彩乃

先週の福岡公演から1週間の間で髪を切った二人組。

はまちゃんは、演劇女子部「リボーン~13人の魂は神様の夢を見る~」でベベという役で赤ちゃんを演じるという事で、前髪を切って幼くしてみたとの事。

個人的には前髪を切って、そこから見える眉毛の雰囲気が変わったのも、幼く見える要因なんじゃないかって気がしました。

ちなみに野村みな美さん(以下みなみな)からは「昔から顔が変わってないね」と言われるんだとか…

 

そして、同じく舞台に照準を合わせてクレオパトラ風に髪を切った和田桜子さん(以下さこちゃん)。

ずっと伸ばしていた前髪を切るかそのままにするかで随分悩んだそうですが、はまちゃん経由でみなみなが「前髪を切った方がかわいい」と言っていた事を聞きつけ、前髪を切る決意をしたんだとか…

なにげにみなみなの発言って影響力があるんだなぁと思いました。

(客席にいる誰もが「直接言えばいいのに」と思ったはと思いますが…)

今日の野村みな美

野村みな美

こぶしファクトリーのトリックスター。

みんなのみなみな野村みな美さんですが…

 

2人と3人に分かれて行うMCで、今まではまちゃんと一緒にやる機会がなかったので、一緒にやれて嬉しい…という割にはその先の展開を用意していないのがみなみな流。

満員電車に揺られて40代のサラリーマンに壁ドンしてしまったエピソードなんかを語っていたんですが、注目はやっぱりあの曲の煽り。

 

昼公演「(長めの煽りから)ふかしすぎなんじゃないの?」

夜公演「チェスト」

 

福岡で土地のものにかけている事がわかったんで、そこから推測すると「ふかしすぎ」っていうのは鹿児島県のサツマイモとかけたんじゃないかと…

そして夜公演は「チェスト」という…いつもは公演の最中に自分で考えているらしいんですが、今回は事前にスタッフさんから聞いていたので本人的には楽だったんだとか。

ただ、何を言うかは本人以外誰も知らないので、いきなり「チェストー」って大絶叫されたらメンバーもこぶし組もビックリしますよね(笑)

「皆さん知らなかったでしょ」とばかりに自信満々に語ってましたが、むしろみんなの方が知ってるというか、最初に書いた示現流の掛け声なんて説もあるぐらい。

ドラマ「仁」の話をし始めたと思ったら坂本龍馬がいいって話になり、西郷隆盛との絡みからどうやら鹿児島ゆかりの人ぐらいに思っていた節があり、相変わらずとんちんかんな事を言って引っ掻き回してくれました。

こぶしにははまちゃんがいる

シャララで殆どマイクを客席に向けているはまちゃん。

「ここはこぶし組の皆さんのパートだから」と嬉しい事を言ってくれたと思ったら、「来年から皆さんが歌うパートが増えるかも」という流れから、福岡に引き続き来年からのジャンプ禁止の話へ。

なんとはまちゃん。この件で社長に直接経緯を聞きに行ったんだとか!!

もちろんジャンプ禁止という決定は覆らないけれど、ただ振り付けに関しては…というところでほんの少しだけ可能性が残されている模様。

最終的には観る側のマナー次第って事で、改めて私達にボールが帰ってきたようなそんな感じになりました。

 

ただやっぱりはまちゃんは、ここまで作り上げきたこぶしファクトリーの空間を守りたいという強い想いがあるんでしょう。

会社の決定に対してトップと直談判しにいくとか、普通の会社員ならなかなか出来ないような事も、こぶしファクトリーとこぶし組の為にやってくれるわけだから、本当に凄いなと思います。

来年からのジャンプ禁止が大きく取りざたされる中、ハロプロメンバーで唯一動いたのってはまちゃんだけだから、彼女の心意気を活かすも殺すも私達次第という事。

そこだけはこぶし組ではないハロヲタも認識しておいてほしいなという気がします。

鹿児島公演まとめ

はまちゃんのスコーンと出る歌声がいいと褒めていたさこちゃんの話とか、他にも色々ありましたが…

とにかくBEYOOOOONDSとの稽古の日々というだけあって、ライブがしたくてしたくて仕方がない…そんなメンバーの想いが爆発した感じですごく楽しい公演でした。

 

11月2日「こぶしファクトリー ライブツアー 2019秋 〜Punching the air!〜@熊本B.9V1」の感想

同じく熊本B.9V1についての備忘録。

こちらも熊本市内の商店街から一つ奥に入った好立地のライブハウス。フロア内には3段ぐらい段があるので、メンバーの目線の高さで言うと2段目あたりがかえって狙い目だったりもします。

(幅3~4列ぐらいしかないからすごく狭いですけど…)

野村みな美無双

和田桜子&野村みな美

外はねがかわいかったさこちゃん…というのもありますが、熊本公演は夜公演の野村みな美さんが強烈すぎました!!

 

MCで昔のエピソードを語り始めたみなみな。

研修生時代は前髪とか全く気にせずエネルギッシュだったので、ステージに出る前に鏡を見るよう注意されてたんだとか…

でも、今ではちゃんと鏡を見るようになったと得意げな表情に。

 

それに対して「全身も見ようね」と即座にツッコむさこちゃん。

なんでもファスナーが上がりきっていなかったりとか、アクセサリーをちゃんとつけていなかったりとか、ちょこちょこ惜しいミスが多く、その中でも特にベルトをちゃんと結べていない事が多いらしくて、はまちゃんがよくなおしてあげてるんだとか…

「抜けてる」という言葉がぴったりなみなみなですが、それもまた個性と許容するはまちゃん。

それに対して「みんな優しすぎ」「他のグループならめっちゃ怒られてる」とあやぱんが苦言を呈したところで、次の曲が…

「開き直っちゃえ!」

見事すぎるぐらいにきれいなオチがついたわけですが…

 

残念なことに、懸命の肝心なところで一瞬自分のパートを飛ばしてしまって、慌ててフォローしたみなみな。

完全にパートを飛ばして「誰?」とツッコまれる隙間もなく、完全にやらかした感じになってしまったわけですが…

 

みなみなって凄いんだけど、ほんのちょこっと抜けてるところがあって、ちょいちょい歌詞を間違えてはあやぱんの顔を見るんだとか…

メンバーやお客さんは優しいからそれを許してしまうところがあるけど、それを許容してしまうと今回のような大きなミスになりかねないので、私は許さない存在であり続けたいと、あやぱんがリーダーらしいコメントで締めてくれました。

 

熊本公演まとめ

最近仲がいいはまさこでイヤホンをシェアして動画見てたら、例によってさこちゃんが寝ちゃって…

それでもイヤホンをそのままにしてくれてた感想を「お泊りに行って朝目覚めた時に隣にはまちゃんがいるみたい」となかなかな例えをぶっこんでくるさこちゃんとか…まあ色々な事があった熊本公演でしたが、自分にとってはこの公演が秋ツアーの千秋楽になるので、ウキウキなダンスだったり、ドカンと48連ジャンプだったり、最初から最後まで悔いなく楽しみきることが出来ました!!

そうやって楽しんでいるのを見ると、こっちも楽しくなるというれいれいの言葉にもあるように、やっぱりライブってこぶしファクトリーとこぶし組で作り上げていくものなんだなぁと改めて実感したライブでした。

 

そんなライブがあったのがもう1週間前…

早くもライブに行って一緒に歌いたい、踊りたいと体がうずうずしてくるぐらい、やっぱりこぶしファクトリーのライブって楽しい。

はまちゃんが、最後にこぶしのライブは「自分を解放できる場所」だって言ってましたが、それはメンバーもこぶし組も両方そうで、その相乗効果であれだけ楽しく熱い空間が出来上がるんだと思います。

あの空間に一つでも多く行けるよう、これからも頑張らなきゃなって思いました。