ハロプロ通信

team℃-ute岡井千聖推しのハロプロ備忘録

スポンサーリンク

不器用が咲かせた笑顔の花。【アンジュルム ライブツアー 2019夏秋「Next Page」~中西香菜卒業スペシャル~】の感想。

中西香菜

2019年12月10日に豊洲PITで、アンジュルム ライブツアー 2019夏秋「Next Page」~中西香菜卒業スペシャル~が行われ、スマイレージ/アンジュルムの2期メンバーで、グループのサブリーダーを務めた中西香菜さんが卒業しました。

本記事はそのライブレポートです。

 

※今回はライブビューイングへの参戦だった為、そちらを元にした感想となります。

中西香菜さんとスマイレージ

私が中西香菜さんに出会ったのはアンジュルムに改名してから。

それまでスマイレージというグループをほとんど見てこなかったから、初めてかななんを見た時の印象は「きれいな方がいるんだな…」でした。

 

そんな第一印象は、ゴリラの変顔を見て瞬く間に消えてしまうわけですが…

 

だから、素人の状態から一般参加でオーディションを受け、最初はバックダンサーみたいな扱いだった事もよく知らないし、かななんのダンススキルがあそこまで凄かったとか、今回のオープニング映像を見るまで知りませんでした。

まさか踊れないかななんというのを逆手に取って、「チョトマテクダサイ!」の振付にしてしまうとか、改めてつんく♂さんってすげぇなと感心。

 

でも逆に言うと、自分が知ってる今のかななんのレベルまで到達するのは並大抵のことではなかったと思うし、それが8年間かけて磨き上げてきた集大成なんだと思うと、過去の経緯を全く知らなくても泣けてきます。

そして、コンサートの序盤のスマイレージ曲が、かななん加入後にリリースされた順っていうのがまた泣かせます。

 

4スマ時代の印象が…

そもそもスマイレージに何故関心がなかったのかと言えば…

まだ4人で活動していた時代。とある歌番組にスマイレージが出演していたのをたまたま見た時に、めっちゃ長い自己紹介をうだうだとやっていて…パフォーマンス云々の前に「ダメだこりゃ」って思ってしまったから。

しかも、スマイレージの曲ってキャッチーなタイトルも多かったから、それこそ曲を聴く以前にタイトルだけ見て「つんく♂終わったな…」って思っちゃってたんです。

 

後から考えてみれば、完全な食わず嫌いってヤツでしたが、とにかくスマイレージの歴史を知らぬままアンジュルムを知ったのはそういう事情です。

 

交差点

アンジュルム

スマイレージ曲のメドレーでは、当時の衣装を再現したかのような衣装だったという事を後から知り、スタッフさんの愛しか感じない…という状態でセットリストは進行し、いよいよ「交差点」へ…

アンジュルムの卒業コンサートで必ず歌われる曲となったわけですが…

今年は和田彩花さん、勝田里奈さんをこの「交差点」とともに送り出して、今度は中西香菜さんの番。今まで聴いてきた中では福田花音さんの卒業コンサートの時が一番きれいに歌えていると思うんですが、回を重ねる毎にこの曲に色んなページが積み重なり、メンバーへの想いも積み重なるから、歌の良し悪し関係なく心を動かされます。

 

今回は中西香菜さんの卒業コンサートでしたが、来年3月には船木結さんの卒業も決まっているから、明日から別の道へ進まんとするかななんと、別の道を選んだふなっきと、アンジュルムとしてこれからも歩き続けるメンバーと…

そんな事を考えてしまって、今回の「交差点」は過去最高に辛かったし泣きました。

 

でも、最後にメンバーが一列に並ぶ場面。

涙で俯き加減のふなっきの肩をぽんぽんと叩いたかななん。

その瞬間、ふなっきの顔に笑顔が戻ったのが凄く印象的で、こういう気遣いが出来るからこそ、メンバーに慕われ愛されてきたんだ…というのをすごく感じました。

 

辛かったけど、本当に素敵な交差点だったと思います。

 

最後までかななんらしく

「天使の涙」をイメージした水色のドレス姿のかななん。

 

最後に披露する曲は「天使の涙」だったんですが…一番の見せ場で歌詞を飛ばしてしまいます。

さらにお手紙を読む場面でも、途中何故かツボにはまって大笑い。

締めの言葉は大阪府出身らしく「ほな。」

 

最後の最後までかななんらしいというか、失敗しても何度だってタチアガールのがかななんの良さ。

卒業コンサートをやるには少し小さい会場だったけど、かななんの優しさがすごくわかったし、セットリストや衣装や演出からもかななんがいかに愛されていたかもわかったし、かななんの事が大好きなファンが集まってあったかい空間が出来たんで、すごく素敵なコンサートだったと思います。

f:id:risacchi:20191212012556j:plain

かななん、卒業おめでとう!!!!

ヤッタルチャンになったるで~

 

だから、かななんも「ヤッタルチャンになるんやで~♡」

 

アンジュルム 第二章

アンジュルム

ラストの「友よ」でかななんをぎゅっと抱きしめたタケちゃん。

竹内朱莉さんにとっては同期が全員卒業し、これからはひとりリーダーとしてアンジュルムを引っ張っていくわけですが、気付けばそこには頼もしい後輩たちの姿。

だから、これから安心してやっていけると言ってましたが…

同期に甘えられるのはこの瞬間が最後。和田彩花さんが卒業する時には日付が変わるまではリーダーやらないと言っていたタケちゃんにとってはここからが正念場。

きっとここから本当の意味での第二章が始まる…そんな気がします。

 

上國料萌衣さんのデコ出しにも驚いたし、室田瑞希さんの前髪もいい感じにのびてお姉さん感がすごくなってた。

ふたりの歌声がきっとこれからのアンジュルムの屋台骨となっていくだろうし、他のメンバーも先輩方が繋いできたものを受け継いでこれからも頑張ろうと前を向いている。

そんな頼もしい後輩たちが、中西香菜さんが命名した「アンジュルム」をきっと大きく素晴らしいものにしてくれる。

そう確信したコンサートでもありました。

 

ドリームアンジュルムの奇跡

アンジュルム

コンサート後の写真…

現役メンバーと一緒に写っているのは、和田彩花さんと福田花音さん。

そして田村芽実さんと勝田里奈さん。

さらに相川茉穂さんまで一緒に写っていて、アンジュルムに関わってきた全メンバーが一堂に会するという…ある意味「ドリームアンジュルム」とも言える奇跡の集合写真が実現しました。

 

特に相川茉穂さんは体調不良から卒業コンサートを経ずに卒業して、そのまま芸能界を引退していたから、本当だったら顔出しの状態で同じ写真におさまるのも難しかったりするんですが…そういうタブーみたいな事でも簡単に超えてくるのがアンジュルム。

久しぶりにあいあいの元気そうな姿を見る事が出来て本当に嬉しかったです。

 

アンジュルム ライブツアー 2019夏秋「Next Page」~中西香菜卒業スペシャル~ セットリスト

01. タチアガール
02. プリーズ ミニスカ ポストウーマン!
03. チョトマテクダサイ!
04. ええか!?
05. 私を創るのは私
06. マナーモード
07. 泣けないぜ…共感詐欺
08. 魔女っ子メグちゃん
09. ヤッタルチャン(中西・川村・船木)
10. ショートカット(竹内・佐々木・伊勢・橋迫)
11. 有頂天 LOVE(室田・上國料・笠原・太田)
12. 寒いね。
13. 交差点
14. 臥薪嘗胆
15. 人生、すなわちパンタ・レイ
16. 恋ならとっくに始まってる
17. ドンデンガエシ
18. 大器晩成
【アンコール】
19. 天使の涙
20. 帰りたくないな
21. 46億年LOVE
22. 友よ