ハロプロ通信

team℃-ute岡井千聖推しのハロプロ備忘録

スポンサーリンク

かみこソロ初登場!「週刊少年サンデー No.41 上國料萌衣」グラビアの感想

週刊少年サンデー 2020年41号【デジタル版限定グラビア増量・上國料萌衣】(2020年9月9日発売) [雑誌]

2020年9月9日に発売された週刊少年サンデーの表紙を飾ったのは、アンジュルムの上國料萌衣さん。

「水着なし」で、ソロでの表紙&巻頭グラビアってかなりの挑戦だと思ったんですが、雑誌の売れ行きにどう影響したのか気になるところではあります。

 

表紙&巻頭グラビア 上國料萌衣(アンジュルム)

今回のグラビアは「幼馴染から見たかみこ」という設定。

幼馴染だからこそ見る事が出来る自然な表情や佇まいを切り取ったグラフ…といったところでしょうか。

 

ざっくばらんに感想書くと「かわいい」と「濃い」…かな。

目線の送り方、外し方には上手さを感じるし、読者との距離感もいい感じで、ステージ上のかみことはまた違う表情や雰囲気を見せてくれたんじゃないかと思います。

一方で、表情のアップとかを見るとやっぱり濃い目の顔立ちだなぁとしみじみ思ったりして…

 

なんとなくだけど、比較対象として乃木坂46の齋藤飛鳥さんと比べたくなるんですが…

飛鳥ちゃんより親しみやすい雰囲気を持っているけど、かみこの方が濃い口…みたいな感じかな。

どちらも黒髪ロングだけど、身長はかみこの方が8センチ低いんですね。

(公式プロフィールでは、上國料萌衣:150センチ、齋藤飛鳥:158センチでした。)

個人的にはいつかふたり並んだところを見てみたいなと思いました。

 

最後にこれはもう余談中の余談ですが…

かみこに関しては水着なしでもいいかなとは思いましたが、せめて「おへそがチラリ」ぐらいは欲しかったかも。

もちろん本人がそういうのを望んでいないから致し方ないのもわかりますが…

そう考えたら、以前アンジュルム総出でプールグラビアやった時に、中西香菜さんがグループの為に一肌脱いだ…的な事を語っていましたが、そういう心意気もいいよなぁとしみじみ思いました。

【関連記事】アンジュルムが全員集合で総力プール「週刊少年チャンピオン No.49」グラビアの感想